乗鞍岳の今は・・・    day of wonder                        中部山岳国立公園乗鞍岳・頂上小屋

雪の残る頂上小屋からのご来光時の展望。御来光は午前4時30分ごろ2017.5.28

 

短時間で楽しむ

日帰りでも、乗鞍を満喫下さい。
 

*剣ヶ峰登山道

肩ノ小屋から朝日岳鞍部の斜面は全体に雪が減ったところに新しい雪が少し着いた状況です。17日現在の畳平からの登山道は下記地図の緑・青線ですが青線部は着雪個所で赤矢印のところはそこそこの急斜面です。アイゼンは必携です!
 

魔王岳園路

魔王岳登山道は公衆トイレと鶴ヶ池駐車場スタッフ小屋の間を通り登ります。5月14日時点では登山口付近に残雪少々、後は問題は無いようでした。園地からは残雪の剣ヶ峰を始めとする乗鞍のピークと北アルプスの展望が楽しめます。
 
魔王岳園地                                            手前の稜線に沿うように右に
 

大黒岳園路

畳平の駐車場からスカイラインを平湯方向に向かい鶴ゲートの手前を右折すると大黒岳下から県境ゲートにかけてできた雪壁の通り抜けができます。県境ゲート横の登山口から約15分で頂上に。5月14日現在、登山道には残雪はありません。帰路は鶴ヶ池に沿って雪道を歩くも良し、頂上からは北アルプス、松本市街、八ヶ岳連峰、南アルプスが望めます。
 
頂上の山名盤と北アルプスの展望                              手前下が鶴ゲート、右端が県境ゲート、左上の小屋が頂上
 

富士見岳登山道

富士見岳へは雪の残る園路を鶴ヶ池に沿って県境広場に行き登山口から登って下さい。登山道には5月14日現在、少し雪が残ってますので下りのことを考慮してスパイクなどを持っていると安心です。頂上の反対側は未確認です。ただし、右下の写真の通り東大専用道路には急斜面になった個所がありますので注意(要アイゼン)が必要です。
 
富士見岳帳面登山口、右東大専用道路                           下から3分の1あたりを右方向に延びているのが東大専用道路
 

お花畑

5月15日現在、全面雪、融雪するまでは立ち入り禁止です。